リュックを背負うと元気になるの♪
写真blog「楽園の扉」もよろしく♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父と祖父と刺青と女装
父 「じいさん(父の父)が、刺青して、その上、女装して出かけようとするのを必死で止めてた」

「おかしな話、聞かせてあげる」とお正月の朝、母から電話がきた。その内容がこれ↑。
それにしてもMY父、なんでそんな初夢みたかな。

猫

こんなわけのわからない夢みられたら、祖父もおちおち永眠してられないよね。
もちろん、私の祖父には、刺青もなければ、女装趣味もない。私の父にも、ない(はず)。

久しぶりのカテゴリ「私の出会った怪しい者・怪しい物」でした(^-^)

みなさんは、どんな初夢、みましたか?
私は相当、気持ち悪い夢みちゃいました(>_<)
そんな話を母にすると、ヘンな映画ばかり観てるからよ。と言われます。


[READ MORE...]
スポンサーサイト
異国からのお客様
東京のマンションで、一人暮らしをしていた頃の話です。(再編)

夕方、家に帰るとお向かいの部屋の扉の前に50歳代くらいの女性が座り込んでいた
はて?気にしながらも、私は鍵穴に鍵を差込んだ。ガチャリ(鍵の開く音)
すると突然、その女性が近寄ってきて、私の手をつかんだ
何?何?何?

犬

私はそのままお向かいの部屋のドアの前へ連れて行かれた。
どうやら私の持つ鍵で、お隣の部屋のドアを開けてくれという事らしい。

女性は異国の人。日本についたばかりといった感じ。
パスポートとそこに挟んであった綺麗に折りたたまれた一万円をみせられた。
彼女はこのお札の価値もわからないといった感じだった。
どうやら、その女性は隣人住人の身内らしい。
それにしてもいつからこのドアの前に居たのだろうか

お向かいさんは、数ヶ月前に中年男性に連れらやってきた異国女性2人。
夕方になると、黄色や紫のスーツに身を包み、ご出勤。明け方4時頃帰宅する。
彼女たちは明け方まで戻らない。そう伝えたくても、日本語は愚かYES、NOの英語すら通じない。
さぁ~、どうしたものか。

彼女は紙に書かれた電話番号を持っていた。
私は部屋から子機を持ってきて、彼女のかわりにダイヤルし、受話器を渡した。
すぐに不安げな顔で私に受話器を返してくる。耳をあてると聞こえてきたのは日本語の留守電だった。
私がかわりにメッセージを残すことにした。
「お国からお客様がいらしてます。部屋に入れません。できたら帰ってきてあげてください」

[READ MORE...]
日本の夏・怪談?
お待たせしました。誰も待ってないか(^ ^;)久しぶりに「私の出会った怪しいシリーズ」です。

お盆も終わりましたね。
スーパーでは、普段は見かけないお盆用の品が並んでいたり、
食品売り場では、お客さんが増える時期なんですね。オードブル大皿などを目にします。

みたま祭り(新潟市)


またお盆の時期の定番はといえば「怪談話」
ということで、本日は、子供の頃の私が体験した、ちょっとした怪談話を一つ。

幼い頃、私の部屋はとても狭く、ピアノと机の間にはさまれる形で布団を敷いて寝ていた。
地震のことを考えると、ヒィー。恐ろしい。・・・って今回はその怖いじゃなくて。

ある日の夜、机の脇のワゴン※注1下段に飾ってあるぬいぐるみを手にとった。
ワゴンには、本物の犬のようなヨークシャーテリアのぬいぐるみと
正規品にもかかわらず、ブッサイクなミッキーマウスが飾ってあった。
犬のぬいぐるみの毛がぼさぼさだったので、手にとって撫でて綺麗にした。
ぬいぐるみは一方だけ可愛がるとやきもちを焼くからと常に平等にと心がけていたけれど、
その時は、犬だけなでて、布団に入った。

朝がきて、目を覚ますと。ミ、ミッキーがいない!!


[READ MORE...]
お命頂戴いたします。
都内に住み、普通に生活していると、自らの手で「お命頂戴する」ことって、殆どない。

猫

断りもなく、人の血をチューチュー吸ったり、カサコソと床をはう想像もしたくない平面的な黒いヤツら。
それら人間にとって、「悪」の方に大きく針が振れる輩。そららは例外として
「お命頂戴する」行為って、ない少ない。・・・そう。そうなの。
殆どないだけであって、決して「ない」わけではないのです。

トレイやパックに入ったアサリやしじみたち。
塩水に浸かっていることもあれば、浸されることなく入っている事もある。
買ってきたときは、しゃきっとしていたアサリも、
翌日、冷蔵庫から出すと、身体?がダラリン。反応が鈍かったり、時に無反応だったり。
そんな彼らをみると、テンションが下がる。

砂抜きの為、水に塩を入れ、そこにアサリをチャポンと入れると、ぷくぷくぷく。空気の泡がでる。
そこで「生きてる」・・・と感じる。(生きてないと困るのだが)

いろんな感情が沸き起こる。

中でも、水に浸されることなくトレイに入れられていたアサリを塩水に入れるとき。
心がキュンと痛む。
アサリたち。もしかして、海に帰ることができた。と思ったかな。
そうじゃないんだ。それどころか、残りわずかな命ってことなんだよー。
しばらくして、「その時」がくる。傍らには、火のついたコンロの上の鍋。

水の状態から入れ、少しずつ熱くなっていった方が、もしや気付かず、楽に逝けるのか。
それとも、熱いお湯にチャポンと一瞬のうちに。その方が、楽なのか。

毎度毎度、そんなことを考えてしまう。

猫


口のぱっくりと開けたアサリをみて、あーぁ(悲哀)&終わったよ(安堵)と思う。(開かないと困るのだが)
しかし、自分の口に運ぶ頃には、「お命頂戴した」ことなど、すっかり忘れてる自分がいる。


初恋の人からの手紙
「初恋の人からの手紙」 ←やってみました。一部抜粋。あくまでお遊びです。緑文字は心の声です。

nana、ひさしぶり。もう黒人男性と付き合う夢は叶えましたか?
喜々として黒人の素敵さを力説していたnanaをなつかしく思います。
初恋するような年齢で、黒人の素敵さを「力説」する女って・・・。
なんでか、「nanaはきっと国際結婚だよ」とは、言われたけど、黒人に執着した覚えはありませぬ。


菜の花と子供たち

特に用事や理由があるわけではないんだ。ただ昨日友達と会ってnanaの話題が出たから、
ひさびさに思ったままでも何か書いてみようと思って。びっくりさせたかな。
初恋の人・・・だけじゃなく、元彼から突然手紙がきたら・・・ビビリます。

思い返してみると、いつも恋愛の主導権を握っているのはnanaのほうでしたね。
主導権・・いや、最終決定権は確かに握ってたいかも・笑
ときどき告白されるnanaに対し、女子と接点すらほとんどないおれ。
なんか、女々しいね。この文章。

nanaがいつも「私たちは束縛とかしない自由なカップルでいよう」と言っていたのは、
若気の至りでこんなこと、言っちゃいそうな気がしないでもない。
おれにとって、ほとんど「いつでも別れるぞ」という脅迫のようなものでした(苦笑)
今でもその場面が夢に出てうなされます。
身に覚えがなくても、こんな風に誰かのトラウマになってたらイヤだなぁ

nanaにとって、おれって初恋かな?
普段からやけにツンツンしているわりに、恋愛になるとぎこちなくなっていたイメージがあります。
もはやあんなウブさはないんだろうけど(笑)。
今でもウブよぉぉ~!っていうか、もう大きなお世話です・苦笑

おれはnanaと付き合えてよかったと思っています。
そう言って貰えると、救われます
自由人なnanaに疲れたところはあったけど、おかげでかなり精神力が鍛えられました。
う。申し訳ない。あ・・・すっかり術中にはまってる私(苦笑)

いろいろ書いたけど、おれはそんなnanaのことが好きでした。
これからもnanaらしさを大切に、あと、そろそろノーブラで出歩くのはやめて(笑)
だから、何で知ってるの??怖いってばー
誰かと幸せになってください(笑)、またいつか会いましょう。では。

P.S. おれと付き合った過去をみんなに隠しているって本当ですか?
・・・・・無言
[READ MORE...]
爪水虫?!ちゃうちゃう!!天罰じゃぁ
水滴と葉

MY彼はテニスが上手。
テニスコーチをしていた弟や某有名プロテニスプレーヤーのコーチだった親戚を持つ。
そんなテニス一家でもある。

彼の親類のお葬式での里帰りしたというのに、彼はテニスに呼び出された。
無論、道具は持ってきていない。
で、彼は、自分より足の小さい弟のテニスシューズを借りた。

葬儀後の作業が沢山残っているというのに、その仕事をそっくり私に預け、
「すぐ、帰ってくるから」と言い残し、彼はテニスに出かけていった。

数時間後。彼から電話。
彼「どう?様子は」
私「もう、私が全部やり終えましたから。ムゥッ」

結局、すべて終わってから帰ってきた彼。
足が痛いという。みると、両足の親指の爪がひどいことに。真紫
2週間くらい痛みは続いた。
可哀相には可哀相なんだけど・・・・天罰じゃ!

なんとか、爪は剥れずには済んだが、それから、3ヶ月。
まだ彼の爪は真紫。そして白く線が入っている。痛みな全くないそうだ。
がしかし・・・。

私たちの趣味の一つが日帰り温泉。

その浴室で、みんなさ、さささささーっと彼を避けるそうな。
そう、目立つんだあの親指の爪。
激しいその爪が、水虫に見えるらしい(汗)
今、でっかい足の指が出てくる「爪水虫のCM」あるよね(大汗)
そのCMはこちらから。

痛みが過ぎ去った今も尚、「水虫の濡れ衣」を着せられる」という形で彼への天罰は、まだ続いている。

(追伸)先日、とうとう、片方の爪が剥がれ落ちました。


ここで泣いちゃ恥ずかしい・・
久しぶりにカラオケに行った。普段、利用することのなかった「シダックス」に行ってみた。
や、安い!JAFの会員証を見せると更に割引になる(店舗による)。
JAZZライブ

何を歌ったかと申しますと、

安室奈美恵の「HIDE & SEEK」

ビデオクリップ、曲もそして彼女もかっこいい!!若かったら、こんなコスプレしてみたい♪
今やったら、『がきデカ』のこまわり君ですワ(爆)
コスプレの趣味はありませんが、やってみたい。そう思わせるほど、かっこいいんです。
(You Tubeで検索するとでてくるよん)

倖田來未、平井堅、他歌って、
そして、杉本真人の「吾亦紅(われもこう)」
これ、初めて歌った。


♪ 今はいとこがすんでる家に 昔みたいに灯りがとまる ♪
♪ あなたは あなたは 家族も遠く 気強く寂しさを 耐えた ♪   

この歌、こんな詩だったんだ。こんな内容の歌だったんだ・・・。
・・・ま、まずい。


歌っている最中、泣きそうになった。
やだ。ここで泣いたら、恥ずかしすぎる。
震えてくる声、必死で耐えながら、何とか最後まで歌いきりました。

おやじならともかく、花も恥らう乙女(?)が、
振り向いたら、泣きながら「吾亦紅(われもこう)」歌ってたら、ひきますよね(苦笑)
え?デートで、「吾亦紅(われもこう)」を入れた時点で、すでにヒキですか?(笑)

歌の間は何とか耐えましたが、歌い終わった後、更に込み上げてくるものありで。
気を取り直す意味で「HIDE & SEEK」を、初回より、はげしくダンシングーしながら、歌う私でありました。
玉の話
お年玉はあげましたか?お年玉はもらいましたか?
新年早々、こんな話ですが・・・。

和小物ネズミ


人間男性の睾丸はゴリラより大きい。     ヒト男性 > ゴリラオス
人間男性の睾丸はチンパンジーより小さい。 ヒト男性 < チンパンジーオス

その理由は・・・。

ゴリラは一夫多妻。ゴリラ妻は貞淑なのだ。
なので、雄ゴリラは複数のメスに確実に自分の子孫を残すことができる。
なので、睾丸が大きくある必要はないのでR。

チンパンジーはその逆。チンパンジーのメスは相手構わず...らしい。
なので、雄チンパンジーは負けるもんか!と子孫を残すことにふんばらねばならない。
だから睾丸が大きいのでR。

人間の妻は。ゴリラほど貞淑でなく、チンパンジーほど不貞でなはい。
だから、彼らの中間に位置するのでR。
と解説されていました。

新年早々玉の話でした。。。お後がよろしいようで。
タイミング良過ぎ。聞いてたの?
突然、引越しの話が持ち上がった。
この家に住んで○年。そんな話が浮上するのは初めてのこと。
喫茶店の灯り

その翌々日、一本の電話が。
「○×ハウス△■店ですが、お部屋を貸すとか売るなどご予定はありませんか?」
付き合いも何もない不動産屋から。

そんな電話が家に掛かって来たのは初めてのこと。タイミングよすぎ。
凄腕営業マンの感?いや、ここまで来れば霊感の域でしょ。

昔の記憶がよみがえった。盗撮盗聴。盗聴盗撮話はこちらから
そんなことはなかろうが、ちょっとびびりました。

ちなみに、引越しの話は無くなりました。

(写真)群馬県北群馬郡子持村 その時のブログはこちらから
な、生で食べちゃった!
「これ、何かな?」
頼んだ覚えがないような・・・「その」肉(下写真)。

牛ツラミ

「まだ来てないのあったっけ?そうだ。牛刺しだ。」
「あれ?でも、なんか牛刺しっぽくないね?」

メニューの牛刺しの写真と「それ」を比べてみる。

私「どう?なんか違う...よね?ん?」
彼「(店員さんが)牛さしみって言ってたよ」
父「写真(牛刺し)と同じだ。食べよう」
みんな「うん。同じ...だね。そうだね」

父、いきなり一口でパクリ。私も一口。
ん・・・噛み切れない。微妙に不安に。なので炙りにしよう。と網の上に。
でも、牛刺し、焼いちゃ意味ないから、表面だけホントにかるーく軽くね。
「焼いた方が美味しいような・・・。でも固いね。」

店員「お待たせしました。牛刺しです」
え???一同シーーーン(青ざめ)
[READ MORE...]


INFORMATION

nana

    ★本家「旅行他」
         タイ×3
    ★別館「手作り」
         b-hanachigusa.jpg
    ★写真ブログ 
         bana6.jpg

    NikonD70→Nikon D90
    2011/4より東京発信→新潟発信
    海外渡航歴及びプロフィール
    thaigogo@hotmail.com



Twitter



カテゴリー

openclose



ブログ内検索



最近記事



最近のコメント



お願いとお知らせ

無断転写転用はご遠慮ください
個人的主観に基づくもの日記であり情報を提供するサイトではありません
こちらをご確認ください。



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。