リュックを背負うと元気になるの♪
写真blog「楽園の扉」もよろしく♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜のタクシー inバンコク その1
バンコクトゥクトゥク

自分の馬鹿さ加減を公開するようで、お恥ずかしい限りですが、
恥を忍んで、バンコクでの怖い体験をお話します。

バンコクを旅する時、帰国便のフライトが早朝の場合、最終日の宿は取らない。
理由その1。宿代を浮かすため。
理由その2。寝過ごすのが不安なので、宿で寝るより空港で過ごす方がいいから。
チェックアウトし、荷物を宿に預け、最後のバンコクを満喫。
そして、流しのタクシーを拾うかバスで空港に向かう。それがいつもパターンだった。(参考1)

今回はタイが初めてという友人との旅だった。
当時、バンコクには彼女と親しい職場の先輩が駐在していた。
前夜は彼に連れられ、ディスコで深夜まで遊んだ。最後の夜は、食事をして別れた。
車を所有し、運転手のいる彼に、空港までの足を甘えたい・・・正直、甘える気でいた。
しかし、翌日の仕事もある先輩にこれ以上お世話にはなれないと、別れた。(参考2)
空港へ向かうのは深夜だ。不安なら電話をいれるように言われた。

ハードロックカフェで時を過ごす。私は、不安だった。
それで、はやりお願いしようと、電話をするが通じない。諦めて、自力で空港に向かうことにした。

ホテルに戻り、荷物を受け取ると、ホテルのポーターとドアマンがタクシーを呼ぶか?と声をかけてきた。
流しを拾うから必要ないと一旦断るも、値段の交渉が始まった。

ここのホテルは、日本のツアーでもよく使われる4☆スーペリアクラスのホテル。
だからホテルにお願いすれば、少々値段は高くても安心だと思った。
ホテルのそばにたむろするタクシーは最も注意しなければならいない輩だが、少し離れたところで拾えば
流しのタクシーでならメーターで160Bもあれば空港に行ける(流しが交渉してくる金額は300Bが多い)
600Bから値段交渉が始まった。350Bで折り合いがついた。だいぶ肩の力が抜けた。

しかし、その数分後、私は心から後悔することになる。
次回へ続く
(参考1)深夜のタクシーは女性一人では絶対に乗りません。日中でも一人ではタクシーには極力、乗りません。
これはタイに暮らした事のある友人たちと一緒の時の話です。

(参考2)一度遠慮したけれど、危ないから送るよといってくれるのを実は期待してた(苦笑)
だから帰りの足を用意してなかったんだなぁ。失敗失敗。
この記事に対するコメント
あのぉ~・・・
ドキドキしながら「その2」待っているんですけど・・・。(笑)
私もタイではトクトク詐欺?にあったことがあるので・・・。
ま、実害はなかったんですけどね。
【2005/10/11 08:34】 URL | ことば屋 #aOQseIdA [ 編集]

うれしいお言葉
■ことば屋さん
待っていてくれてる人がいたなんて、うれしい~です♪ありがとうございます☆
思った事をポンポン書くのは得意なのですが、起きた出来事を表現するのがほんと下手っぴで。
実はまだ続き、かけていないのですが、本日UPしたいと思っています。
ことば屋さんもタイで!こんな風に話題が広がっていくってワクワクします。
【2005/10/11 10:13】 URL | nana #Qx8fEUuQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://thaigogo.blog1.fc2.com/tb.php/266-56ac2032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

INFORMATION

nana

    ★本家「旅行他」
         タイ×3
    ★別館「手作り」
         b-hanachigusa.jpg
    ★写真ブログ 
         bana6.jpg

    NikonD70→Nikon D90
    2011/4より東京発信→新潟発信
    海外渡航歴及びプロフィール
    thaigogo@hotmail.com



Twitter



カテゴリー

openclose



ブログ内検索



最近記事



最近のコメント



お願いとお知らせ

無断転写転用はご遠慮ください
個人的主観に基づくもの日記であり情報を提供するサイトではありません
こちらをご確認ください。



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。