リュックを背負うと元気になるの♪
写真blog「楽園の扉」もよろしく♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増富の湯(山梨県)
増富の湯
世界一といわれるラジウム含有量を誇る増富温泉郷入口にある日帰り温泉施設。
「今、会いに行きます」のロケ地、明野サンフラワーフェスのひまわり畑からも近い。

ここラジウム温泉の効能は、
30分程入浴する事と、約10ccの源泉成分が体内に吸収され、
体内環境をアルカリ性体質に傾け、ホルモンのバランスを整え、
体内の毒素や老廃物も排出されるという。
また、細胞を活性化させたり自然治癒能力を高める効果もあるという。
ここは飲泉も可能。胃腸からも吸収しちゃいましょう。

増富の湯
浴場はというと、黄土色の掛け流しの源泉風呂が3種類。
冷源泉(冬25℃春夏秋27℃)の寝湯。
低源泉(冬30℃春夏秋32℃)の四形。
温源泉(冬33春夏秋35℃)の円形。
そのほか、薬草風呂・大風呂他・サウナ、冷源泉の横に岩盤浴もあります。

人気のお湯だけあって、源泉風呂の混みようは半端じゃありません
日曜日の午前中に訪れましたが、低い泉温=長く湯に浸かっているので回転が悪い。
湯船の中では、足を抱きかかえて入る。まさに芋の子を洗う。そんな感じでした。
でもそうまでして入りたいと思わせる湯。
はじめ、冷たい!と感じる泉温もしばらくすると、指先からぽかぽかしてきます。
増富の湯の食事
休憩処・お食事処もあります。
売店で購入した杵つき餅(きなこ)。これがすごーく美味しかった!
他、天ざる♪と馬のもつ煮をいただきました。
増富の湯
二酸化炭素-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 泉温32.3度 湧出量 130L/分
7枚集めると1回無料で入れる券をくれます。

中央道須玉ICを下りて、車で約30分。瑞牆(みずがき)山の入口でもあります。
日帰り温泉施設増富の湯
山梨県北杜市須玉町比志6498 公式サイト

その他、関東近郊日帰り温泉情報&レポートは本家サイトもどうぞ♪
この記事に対するコメント

増富温泉、僕みたいな登山者にとっては
奥秩父への登山口として、名前だけは有名なんですが
温泉じたいも、なかなかの名湯だというのは、知りませんでした~

【2006/09/16 13:24】 URL | hi-de #Mvc4F1hU [ 編集]

山を知る
■hi-deさん
綺麗と思う山々を見ても、名前もわからず。山のこと、さっぱり・・・でして。
せっかく山方面に出かけるのですから、温泉や食だけでなく、山ももう少し知って、
ハイキングでもできれば、もっと楽しめるのになぁ。と思います。
温泉は熱湯に限る!という人には不向きですが、そうでなければ、面白い温泉です。
近くを訪れる機会があったら、是非、立ち寄ってみて下さい。
【2006/09/16 13:58】 URL | nana #z8Ev11P6 [ 編集]

寒い温泉
まぁなんて冷たいお湯なんでしょうか?
ケツに火がつくぐらい熱いのが温泉だと思っていましたが、ここは
水温25度とか35度とかが普通みたいです。
特別企画の風呂で水温41度あるときには幸せな気持ちになります。
私はいい温泉とは思いませんでした。

【2007/10/17 18:08】 URL | ガブリエル #yl2HcnkM [ 編集]

泉温と心地よさ
■ガブリエルさん
冷たいのに「温」泉。字でみても、確かに変ですよね。
私もここの湯は冷たくて、岩盤浴で一息ついた感じです。それでもまだ暑い季節に行ったので、
辛抱強く長く浸かっていると、ぽかぽかはしてきましたが、冬は・・・。私も無理ですね。
山梨県甲府にも湯が評判の温泉がありましたが、そこも泉温が非常に低く、加温湯船もなし。
更に寒い季節に訪れたため、震えながら、お湯からあがりました。
私の好みは、ぬるめの湯に長湯ですが、寒いのは苦手です。
【2007/10/22 21:11】 URL | nana #z8Ev11P6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://thaigogo.blog1.fc2.com/tb.php/454-bc15d86a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

INFORMATION

nana

    ★本家「旅行他」
         タイ×3
    ★別館「手作り」
         b-hanachigusa.jpg
    ★写真ブログ 
         bana6.jpg

    NikonD70→Nikon D90
    2011/4より東京発信→新潟発信
    海外渡航歴及びプロフィール
    thaigogo@hotmail.com



Twitter



カテゴリー

openclose



ブログ内検索



最近記事



最近のコメント



お願いとお知らせ

無断転写転用はご遠慮ください
個人的主観に基づくもの日記であり情報を提供するサイトではありません
こちらをご確認ください。



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。