リュックを背負うと元気になるの♪
写真blog「楽園の扉」もよろしく♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟祭り 「水上みこし渡御」
2012年夏。
新潟市では、8月3日から新潟まつりが始まりました。家にいても、お囃子が聞こえてきます。

新潟祭り 水上みこし渡御

4日(土)、みこしが信濃川を渡り、港の発展を願う「水上みこし渡御」をみてきました。

満艦飾に彩られた約50隻の船舶の水上パレード(3枚目上部左)
それらの船に見守られ、みこしを乗せた御座船(2枚目 3枚目上部中)が信濃川右岸から左岸へ渡ります。
私は、入港(本間組新潟工事事務所前着船)からの見物。
大きくて、立派な神輿(1枚目写真)。熱気に溢れ、その上、伝統も感じられます。

水上みこし渡御 新潟祭り
↑信濃川を渡る御座船。龍のすぐ後ろに黄金色に輝くお神輿。


水上みこし渡御 新潟祭り

古式ゆかしい衣装を身にまとった人々がお神輿の後に続きます(3枚目 下部右)。勇壮かつ厳かな雰囲気。

---ここからは私事---

大漁旗や船団の迫力ある光景、以前からみてみたかった。
子供の頃に見た伯父の漁船(小型だから舟というべきかな)のお披露目式のことを思い出した。
今はもうその舟もなく、伯父宅の床の間に、舟名のプレートが立てかけてある。

主人は東京阿佐ヶ谷でお神輿を担いだことがあるので、このお神輿をみて重いだろうな。としみじみ言っていた。
当時、担いだ神輿は、このお神輿より小さいもの。それでもすごく肩が痛かったんだって。
一方、私は、三社祭の女神輿の担ぎ手を頼まれたことがあった。丁寧にお断りしたんだけれど、
今となってみると、担がせてもらえばよかったな。

夫婦でそんな話をしながら、お祭りを楽しんだ。
お祭りは、勇壮且つ厳かな気持ちになる。
そして、昔を懐かしく思い出し、祭りを通じて、日本人であることを再確認させてくれる。
日本の大切な大切なもののひとつ(^-^)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://thaigogo.blog1.fc2.com/tb.php/880-6697e332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

INFORMATION

nana

    ★本家「旅行他」
         タイ×3
    ★別館「手作り」
         b-hanachigusa.jpg
    ★写真ブログ 
         bana6.jpg

    NikonD70→Nikon D90
    2011/4より東京発信→新潟発信
    海外渡航歴及びプロフィール
    thaigogo@hotmail.com



Twitter



カテゴリー

openclose



ブログ内検索



最近記事



最近のコメント



お願いとお知らせ

無断転写転用はご遠慮ください
個人的主観に基づくもの日記であり情報を提供するサイトではありません
こちらをご確認ください。



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。