リュックを背負うと元気になるの♪
写真blog「楽園の扉」もよろしく♪
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗とひぃ~
栗といえば、
落ちていた栗を1つ拾いって、かばんの中に入れた。
家に帰って、かばんをいつもの木製の棚に仕舞う。
後日、そういえば。とかばんから栗を出すと、表面の硬い皮にキリであけたような真ん丸い穴が1つ。
はて?

紅葉

かばんの底敷きの板をみると、そこにも同じくキリであけたような丸い穴があいていた。
底板を取ると、その下に小さな芋虫が死んでいた。
ひー。


紅葉

栗を拾ったのは初めてで、知らなかったのだけれど、友人に聞いたら、栗って結構、中に虫がいるんだって~。
虫が大嫌いな私は、ひぃぃぃ~。
と驚いたのは当然のことなんだけれど、もう一つ驚いたこと
それはこのかばんの硬くて厚い底板に穴を開けられた虫が、
ナイロン(ビニール加工かな)の薄い生地は食い破ることができず、そこで息絶えていたこと。

これが自然素材のバッグだったら、食い破られたのかな。そしてかばんから出て・・。
クローゼットの棚板にも穴を開けられるところだった(^ ^;

(写真)栗の写真が手元にないので、落ちてる&秋繋がりで、落ち葉と紅葉。
この記事に対するコメント
No title
それはひぃ~~~でしたね(汗
ナイロンで幸いでした。

母が最近、栗の皮むきをしていますが、
そんな事とは知らない私でした(汗。
後で虫の事聞いてみますね(*^^)v
【2012/10/12 17:34】 URL | さっちゃん #- [ 編集]

いいコントラストですね
緑と赤のコントラストが綺麗ですね~
1枚目も2枚目も好きなカットです
1枚目の繊細さと2枚目の光のコントラスト、いいな~~
nanaさんのセンスの良さが伺えます
今年は、紅葉、何処かに見に行けるかな~^^
【2012/10/12 20:50】 URL | SHU #- [ 編集]

栗と虫
☆さっちゃんさん
この虫、栗虫っていうらしいです。
ぐぐってみたら、釣りの餌や小動物の餌として、販売されているそうです。
また栗の中の虫。これも農園で栽培された栗は、駆除がなされているようで、
虫とご対面することも少ないかもしれません。
今度、お母様に聞いてみて下さい(^-^)
お母様と一緒に栗の皮むき、いいですね♪(^o^)‏♪

被害やかばんの底板だけで済んだので、ほんと、ナイロンで幸いでした。
棚までいっていたら・・・、ひぃ~(叫)&ひぃ~(泣)となるところでした(^ ^;
【2012/10/14 11:38】 URL | nana #z8Ev11P6 [ 編集]

写真
☆SHUさん
ありがとうございます。誉めてもらっちゃった♪
構図は良し悪しの感覚があるのですが、コントラストは未だわからなくて。
写真は光。ですよね。それもわかってはいるのですが、
自分の撮った写真となるとさっぱり???です(^ ^;
光を大切に写真を撮っているSHUさんに光とコントラスト誉めていただいて、嬉しい!
とともに、これでよかったかとちょっとほぉっとしていまーす(^-^)
この写真は去年撮ったもの。
コントラストと色に不安があって2枚目はUPせずにいたものです。
UPしてよかった~(^-^)
今年もお互い、いい紅葉、見に行けるといいですね(^-^)
【2012/10/14 13:49】 URL | nana #z8Ev11P6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://thaigogo.blog1.fc2.com/tb.php/934-678923d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

INFORMATION

nana

    ★本家「旅行他」
         タイ×3
    ★別館「手作り」
         b-hanachigusa.jpg
    ★写真ブログ 
         bana6.jpg

    NikonD70→Nikon D90
    2011/4より東京発信→新潟発信
    海外渡航歴及びプロフィール
    thaigogo@hotmail.com



Twitter



カテゴリー

openclose



ブログ内検索



最近記事



最近のコメント



お願いとお知らせ

無断転写転用はご遠慮ください
個人的主観に基づくもの日記であり情報を提供するサイトではありません
こちらをご確認ください。



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。